基本的な自動車保険

強制保険と任意保険の違い

強制保険

 

車を購入するときに、あるいは車検を受けるときに法的に強制的に入らなければならないのが「自賠責保険」と呼ばれる保険です

 

あまり保険に入っているという意識がないと思いますが、自賠責保険に入らないと車に乗ることができません。車検も受けることができません。自賠責保険に加入していない車に乗ることはそれだけで罪になります。

 

自賠責保険の保障内容は人身事故の場合のみに適用されるもので、傷害事故で120万円、死亡事故で3,000万円までしか補償されません。死亡事故では1億円を超える損害賠償を請求されることもあり、任意保険に加入していないと差額は自分で支払うことになります。また、自賠責には対物賠償がありませんので、物損事故の場合には全額自己負担になります。

 

自賠責保険は被害者を救済する為の保険ですので、相手への賠償しかありません。また、相手の車や物に対する補償はありませんので、もし、ガードレールに接触してそれを壊したり、その時に人身事故を併発した場合などはガードレールの修理代や、自分の車の修理代などは賠償がでません。

 

任意保険

 

物損事故の賠償や、自分のケガや自分の車に対する補償が必要な場合は、任意保険に入ることになります。

 

あるいは、人身事故で補いきれないような大きな事故を起こし、賠償額が3000万円以上になった場合は、不足分は自己フィたんで賠償しなければならないということになりますので、その不足分を任意保険で補う必要があります。

 

任意保険は任意と言われるように、自動車所有者や運転者が絶対に入らなければならないという保険ではありませんが、人身事故のみというような事故は少なくて、ほとんどの事故が人身と物損が伴いますので、任意保険は必ずあなたに合わせて最適な保険に加入されることをおすすめします。

 

対物補償保険の保障額は無制限ではなくても、自分の自由な金額で契約することができますが、、物損事故でも損害賠償請求額が数千万円、あるいは数億円を超える事も珍しくないので、基本的には対物も無制限にしておいた方がいいと思います。保険料もそんなに補償金額によって高いということもありませんから。

 

また、自分で何かにぶつかった自損事故などは、自分の車の修理代を補償するためには車両保険が必要になります。車両保険を付けると保険料が非常に高くなりますので入っていない人も多いですが、新車や高級車を購入した場合は入った方が良いと思います。