自動車 保険 見直し 車保険料 節約

人身傷害補償って何?

 

「人身傷害補償」とい付帯条項は、車に乗っているときだけでなく、あるいていて転んだとか、自転車でぶつかったとか、通勤で電車に乗ろうとしていて、駅の階段で転んで怪我した場合も、自動車保険の人身傷害補償で保険金が出ます。

 

基本的には、生命保険の補償範囲に入るようなことを、自動車保険でできるというようなものです。

 

補償範囲については、各社で多少ばらつきがありますので、このようなケースで保険金が降りるのか保険会社に確認して下さい。

 

通販系は補償範囲が狭く、国内大手では補償範囲が広くなっている場合があります。

 

人身傷害で車外事故担保の加入があれば、保険会社・自動車保険種類によっては交通傷害補償しているものがあります。
交通乗用具に起因したケガの補償をするもので、同居親族全員補償対象です。

 

交通乗用具の対象範囲に入るものを多岐にわたって、具体的に上げたものが約款などに明記されてると思いますが、交通傷害保険の補償範囲内の交通乗用具に準んずるものと思います。

 

交通傷害保険は定額補償ですが、こちらは人身傷害 実損補償ですから補償内容はまるっきり違います。

 

通販系の保険には、このような隠れた、プラスアルファーな特約がないことがおおいようです。

 

 

基本的に自動車保険は自動車にまつわることばかりで契約するのが普通です。

 

 

会社によりまれに、車で出かけた先で何かがあったら給付されるという保険があるようですが、ソニー損保の「おりても特約」というのは、そのような保証がついているようです

 

そのようなものはたいがい、「なんとか特約」っていう名前がついています。

 

通常でしたら、対人・対物・人傷(なければ自損)・搭傷・車両・無保険車の中で契約します。

 

それらは、自動車事故に対してのみです。

 

しかし人傷保険は、自転車搭乗中や、歩いているときの事故であれ、「車にはねられたら」請求対象になります。

 

相手がないとか、相手が自動車以外である場合は対象ではなくなります。