自動車保険料 見直し  自動車保険料 節約 無料見積もり

自動車保険を無料見積もりして見直し

 

自動車保険にはもちろん加入して見えますよね。

 

では、どんな保険に加入して見えますか?
自賠責保険ですか。 任意保険ですか。 

 

もし、事故にあなたが合われて場合は、まずは警察や怪我があれば救急車でしょうが、その後の事故の処理をどのようにしたらいいのか知っていますか。
「私は保険会社の担当者に任せてあるから、そこに連絡すればすべて処理してくれると思っている」などと答える方が多いですが、自己処理はそんなに簡単にできできるものなのでしょうか?

 

任意保険に加入している「epiandkepi1949さん」の例

 

自分は保険会社の言う通りの任意保険にも加入しているから、もしもの事故があっても大丈夫と思っていました。
ところが、ある日衝突事故を起こしてしまいました。
そこで「ヤフー知恵袋」にこのような質問をされていました。

 

質問者 epiandkepi1949さん
自動車保険について教えてください。先日衝突事故を起こしました。

 

自動車保険について教えてください。先日衝突事故を起こしました。トラックに接触してこちらの自家用車はボンネットがへこんでしまいました。当方も相手も過失はないと主張しております。

 

警察ではお互いで話し合うようにとのことです。当方の保険会社に連絡したところ相手の保険会社に直接交渉してくれということです。(当方には車両保険はつけておりません。)

 

それって保険に入っている意味がないですよね。すごく事務的な対応でどうしたらよいのかわからずに途方にくれております。事故または保険に詳しい方処置の仕方を教えてください。こちらの保険会社はインターネットで契約した保険料の安い保険です。だからでしょうか?

 

当方は一応病院に行って打撲の診断書を受けました。もし保険が降りないとすれば診察代 車の修理代すべてでないのですか?よく5対5とか言いますが。交渉とかもできないのですか?

 

ベストアンサーに選ばれた回答 jogenshimasuさん

 

自動車保険といえど、万能ではありません。保険会社が契約者に代行して相手側と示談交渉ができるのは対人賠償・対物賠償といった賠償保険に「示談交渉代行サービス」がセットされているからです。

 

このサービスは当然ですが賠償保険が機能する場合にしか機能することはありません。賠償保険が機能する場合というのは「法的賠償義務がある場合」かつ「契約者が保険を使って処理することを望んでいる場合」です。

 

今回は事故当事者双方が過失がないと主張しているということなので、両者がそれぞれ契約している保険会社は、同サービスが機能しないために動くことができません。できないというより、動くこと=違法行為です。

 

>それって保険に入っている意味がないですよね。 

 

これは保険の意味合い・機能を理解していない人の発言です。ちなみに昨今の自動車保険は自分側に過失が認められない場合であっても弁護士を使って交渉するなど、いわゆる「もらい事故」にも対応できる機能を追加することが可能になっています。

 

たまたま質問者さんの自動車保険が「自分を守る保険」にはなっていなかったというだけのことです。保険非難には当たりません。自分に過失がないと主張されるケースでは、弁護士等の資格のある人間しか質問者の代理人となって交渉することはできません。事故の詳細が書かれていませんが、状況次第では第三者的にみて双方に過失の出るケースかもしれません。

 

もしそうであれば、多少の譲歩・妥協をしてでも保険会社に交渉を依頼するのがベストな選択ですね。

 

>インターネットで契約した保険料の安い保険です。だからでしょうか? 

 

だから…ということはありません。どこの保険会社を選んだとしても、保険会社のやれることはあくまでも契約の範囲内です。
つまり多くの保険料を負担すれば保険会社の活動できる幅も広がりますが、保険料を抑えればその逆になるということです。

 

質問者さんには「契約の範囲内で保険会社をうまく動かす」といったノウハウもないようですね。

今回の選択肢としては、

1.あくまでも自分で勉強しながら交渉する。この場合は相手が代理人を立ててくるかもしれませんし、保険会社が相手になるかもしれません。
2.代理人を立てて交渉してもらう。
3.過失を認めて保険会社に事故処理を任せる。
4.互いに交渉などしないで「自損自弁」(互いに自分の損害は自分で責任を取ること)で解決する。などが考えられますね。

ヤフー知恵袋より引用
このように任意保険に加入していても、いざとなりますと、どのように事故に対応したらいいのかわからない方がほとんどではないでしょうか。

 

任意保険の加入率と事故の賠償の実態

 

自賠責保険の加入率はもちろん強制保険ですから100%ですが、任意保険に関しては、対人賠償保険の加入率が全国平均で73.1% 対物保険が45.2%となっていますが、加入率が高いと感じる人もいるかもしれませんが、交通事故を起こした時に数億円の賠償金額になる可能性があるのに、保険に入らない車がこんなにも多い事に驚きですよね。

 

交通事故を起こした時に数億円の賠償金額になる可能性がある事案がいっぱいあります。例えば信号機に車をぶつけて、信号機が壊れた場合は、数千万円から億単位になることもあります。
また、踏切事故の場合は、数億円の賠償をしなければならないことが、多くあります。

 

人身事故を起こした時自賠責保険では、被害者ひとりにつき3000万円しかでません。でも最近の判例の賠償額は2億円以上になる事が増えてきましたし、対物賠償でも1億円を超えることは珍しくありません。
そう考えると対人・対物は無制限の保険に入るのが当たり前のように感じますが、実際には2割強の人が保険に入っていないのです。

 

また、任意保険に入っていても、自分の保険がどのようなないようなのか、どんな保障があるのか、保険料は高くないか、事故を起こしたときはどうしたらいいのか、などのことを知らずに加入している方がほとんどではないでしょうか。
車購入時にディーラーに勧められるまま加入したっきり…。なんて人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、車の維持費の中で一番節約できる経費は、実はこの保険料なんです。
 
そして、保険の契約内容を知っているかいないかで、事故処理に係る費用も、大きく違ってきます。
まずはこれは機会に、ご自身ではいられています保険をチェックされてみてはいかがでしょうか。

 

保険をチェックしてみましょう

保険証券を見てみましょう

保険会社から証券が届くなり、中身も見ずにしまいこんではいませんか?
まずは、いま加入している保険内容が自分に合ったモノなのかをよくチェックしてみましょう。

運転条件の設定はどうなっていますか

一般的によく知られているのが「年齢制限」です。例えば、あなたが30才を超えているなら"30才以上"に運転者の年齢制限することで保険料が安くなります。
なぜなら、免許を取りたての若年層よりも運転に慣れた30才代の方が事故率が低いからです。

 

それ以外にも、運転者を家族に限定する「家族限定」や、さらに自分と配偶者だけに限定する「配偶者限定」がある保険会社もあります。また、運転目的を「通勤以外」に限定することで保険料が安くなる場合もありますのでチェックしましょう。

保障が重複しているようなことはありませんか?

よくあるのが「搭乗者」と「人身傷害」の2つの特約です。どちらも保障の対象は、基本的には「(保険を掛けている)車に乗っているヒト」です。つまり、どちらも「運転手・助手席のヒト・後部座席のヒト」が事故によってケガ等をした時に保障してくれる特約なのです。それぞれ保障範囲や保障方法が違うので一概には言えませんが、より自分に必要な特約だけに絞ってもいいのではないかと思います。
また、は、事故時のレッカー代や代車費用等をカバーする「車両諸費用」などという名目の特約がついていませんか。
保険に特約が付いているのに、JAFなどに加入していませんか。これは無駄なことです。

他社の保険と比べてあなたの保険料は安いですか?

最近はネットで見積もりをとれる保険会社が増えたので、手軽に数社の比較ができるようになりました。「一括見積り」などができるうれしいサイトもあります。一度、手元に保険証券と車検証を用意して保険無料見積りをしてみてはいかがでしょう。
ネット販売のみの保険などは店舗の管理費や人件費が抑えられるので、安価な保険が多いようです。現在の保険料との違いに愕然とすることがあるかもしれません。

事故の場合にあなたの保険会社はどこまで対応してくれますか?

保険は「万が一のときに自分を助けてくれる」とても大切な生活のパートナーです。自分にあった正しい保険に加入することによって、あなたの一生が左右されるかもしれません。ただ安いだけでなく、事故があったときに"迅速に""親切に"対応してもらえる保険会社ですか。そんな点も考慮して保険を選択することが、あなたの人生を幸せにしてくれるでしょう。

 

本当に「今の保険が今の自分に合っているか」をじっくりと再確認してみてください。

 

自動車保険一括見積もり「保険スクエアbang!」

 

  人気の記事 ベスト3

プロミスの審査は最短30分! スマホでも来店不要で即日融資     
プロミスはパソコンでもスマートフォンでも、ホームページ上から来店不要で申込手続きを始めることが出来ます。申込自体は特に難しい事はなく、フォームの必要事項を上から順に入力していくだけです プロミスの審査は最短30分! スマホでも来店不要で即日融資

 

生命保険ドットコム・無料保険見直しで保険料を節約 あなたは保険料を払いすぎていませんか?
また新たにご家族が増える等、生活環境が変る方も保険の見直し相談を検討する時期です。すでに加入している方も、これから加入を考えている方も、 商品が多すぎてどれを選べばいいのかわからないと悩んでいませんか? 生命保険ドットコム・無料保険見直しで保険料を節約

 

楽天銀行スーパーローンでキャッシング/楽天カードの審査と借入れ限度額
楽天銀行スーパーローンは最短即日融資可能です。カードローンの審査において、甘いとか、厳しいとかの口コミがたくさんありますが、基本的な答えとしましては、審査が甘いところは、金利が高い。そして審査が厳しいところは、金利も安く大手の銀行系が多いので安心して借りいれができるということです。 楽天銀行スーパーローンでキャッシング/楽天カードの審査と借入れ限度額

 

 

運営者情報
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー
当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。